鉄道事業
利用しやすい鉄道を目指して

鉄道事業は、お客様へ『輸送』とそれに付随する様々なサービスを提供するうえで、「安全性」・「快適性」・「迅速性」などを追求していくことが最大の使命になります。当社の路線は、京成上野駅から成田空港駅を結ぶ京成本線をはじめ、成田スカイアクセス線・押上線・金町線・千葉線・千原線・東成田線の7路線からなり、東京都東部及び千葉県北西部を主たる事業エリアとして、全152.3kmで営業しております。そして、スカイライナーに代表される成田空港へのアクセス、及び沿線の方々の足として重要な役割を果たし、1日あたり約79万人のお客様にご利用いただいております。沿線のお客様、また空港アクセスとしてご利用くださるお客様に喜ばれるサービスを提供すべく、魅力ある鉄道づくりに努めています。

成田空港輸送

2010年に開業した「成田スカイアクセス」は、京成高砂駅から北総線の終点である印旛日本医大駅を経て、成田空港までを結ぶ全長51.4kmのルートです。成田スカイアクセスを通る有料特急スカイライナーは、最高時速160キロの運転により、日暮里駅から空港第2ビル駅までを最速36分で結んでいます。これにより、世界の主要空港と比べても遜色のない空港アクセスを実現しています。

すべての方にご利用いただけるやさしい鉄道を目指して

環境保全活動

グループ行動指針
「私たちは、自然環境に配慮し、行動します。」

当社では行動指針のもと、環境保全に取り組んでいます。世界規模の経済活動の繁栄の影で、温暖化など地球環境が脅かされている状況を私たち自身の問題としてとらえ、常に自然環境との調和に配慮し、行動します。 環境レポート・環境保全活動の詳細はこちら

バリアフリーへの取り組み

当社では、すべてのお客様に快適にご利用いただくために駅や車両の整備を進めています。

○駅
エレベーター・スロープによる段差解消や、どなたにもご利用いただける多機能トイレの整備を推進しています。2017年度は、鬼越駅・大和田駅のバリアフリー化を実施しました。
○車両
車いすスペースを、通勤型車両の両先頭車(一部を除く)に設置しています。スカイライナー(AE形)車両では、車いすスペースの増設を進めており、2018年度中に完了予定です。

また、設備等ハード面の整備と併せて、社員教育等を通じたソフト面のサービス向上にも取り組んでいます。

○サービス介助士
ご高齢のお客様やお身体の不自由なお客様に対し、適切かつ安心していただけるサービスが提供できるよう、主に駅係員を対象とした「サービス介助士」資格の取得を推進しております。
○盲導犬ユーザー等対応講習
(公財)日本盲導犬協会様をお招きし、駅係員・乗務員のほか、技術系社員・本社社員を対象とした講習を開催しています。盲導犬や白杖をご利用になっているお客様へのお声掛けや誘導体験実習を通じ、接遇向上を図りました。

ページトップへ